効果的な手洗い

 インフルエンザやノロに限らず、ほぼ全ての感染症に対して有効な予防策が「手洗い」です。
 だけど、正しい手洗いはなかなか実行されません。
 世間様で推奨されている「正しい手洗い」にはそれなりの時間が必要で…ぶっちゃけるなら若干めんどい。(^-^;)

 そこで、日常的な時短手洗いをご紹介します。

「外出前の下準備」

 清潔な手から手首にかけて、充分な量のハンドクリームを塗り込む(チューブなら3cm)
※乾燥した皮膚や、肌の皺・ひび割れに付着したウイルス等は落ちにくくなるので、あらかじめハンドクリームでガードします。

「外出先での手洗い」
 備え付けの石鹸などあれば、手についたハンドクリームを簡単に洗い流す感じで。
 洗ったあとは水気を拭いて、ハンドクリームを塗り直す。
※手洗い後に携帯アルコールなどあると尚よいですが、アルコールは皮膚を乾燥させてしまうので、ハンドクリームも忘れずに。

「帰宅してからの手洗い」
 泡タイプのハンドソープを乾いた手にとって、手首まで充分に広げます。ハンドクリーム全てがハンドソープと混じりあうくらい、すすいだ時のヌルヌルがないようにしっかり洗います。
 すすいで水気を拭いたら、新たにハンドクリームをば。

 推奨されている手洗い方より、楽チンなのみならず、手肌にも優しいので、お気に入りのハンドクリームを相棒にしてお試し下さい。
 更に…
「外出中は、絶対に、手で、鼻や口元に触らない」
「食事の前には、鼻や口元を拭いてから食べ始める(ウエットティッシュでOK)」
を組み合わせると最強ですが、そこはまぁ、気分やライフスタイルに無理のない範囲で(^-^;)

 本番までのこの時期を頑張ってのりきってゆきましょう!

Posted by K